Kindle Oasisを技術書を読む用に買ってみました

投稿日時:
ツール

この度Kindle Oasisを購入しました。


PaperwhiteとOasisどちらを購入しようか悩んでいたのですが、今回はOasisを購入しました。



Kindle Oasis 色調調節ライト搭載 Wi-Fi 8GB 広告つき 電子書籍リーダー




主に技術書を読むために買ったのですが、使用してみての感想などを簡単に書いてみようと思います。



購入した理由


以前からKindle端末は買おうと思っていました。

理由としては以下です。


  • 基本紙の本ではなく、Kindleで技術書や漫画を購入していた

  • PCやタブレット、スマホで読んでいたがそれぞれ不満があった

    • PCだと寝転がりながら読めない

    • タブレットだとちょっと重い

    • スマホだと画面が小さい

  • 風呂場で読書をすることが多いので防水端末が欲しかった

    • 主に風呂場ではスマホを利用していたが、定期券などが入ったケースにスマホを入れていたため、ケースから取り外すか、ケースごと防水ケースに入れて風呂場に持ち込んでいたため少し手間だった
  • スマホに本を入れていると容量が結構圧迫される

上記の理由から、Kindle端末が欲しいなと思っていました。


ちなみに4GBは流石に少なすぎるというのと、防水機能は必須ということでPaperwhiteかOasisの二択でした。



Paperwhite VS Oasis


この二択は結構悩みました。


それぞれのメリデメを簡単に書きます。

ちなみにどちらとも触った上での感想です。

Paperwhite


メリット


  • 安い

    • フルフルのスペックでも標準のOasisより1万ほど安い

デメリット


  • 物理ボタンなし

    • ページ送り時にはかならす画面の左右をタップする必要がある

    • そのため完全な片手での読書は難しい


Oasis


メリット


  • 物理ボタンあり

    • 背面に出っ張りがあり持ちやすい構造になっており、さらに重量も軽いので、物理ボタンを利用すれば完全に片手での操作が可能
  • 画面がPaperwhiteより大きさ

    • Paperwhiteは6インチ、Oasisは7インチ

デメリット


* 高い
  • 最安値で3万



結果:Oasisを購入


上記メリデメを考慮した結果、Oasisを書いました。


正直Paperwhiteのデメリットはそこまでマイナスではなく、メリットも非常に魅力的です。

そもそも初のKindle端末を購入するのであれば、Paperwhiteを選ぶ人の方が圧倒的に多いような気がします。


ではなぜOasisを買ったかというと、


  • 技術書を読む上で少しでも画面が大きい方が良いと思った

    • 実際に技術書を読ませてもらったところ、簡単なサンプルコードであれば全然読める大きさだった
  • 物理ボタンを試したところ、想像以上に良いと感じた

    • 画面に触れずにページ送りができるのがかなり良かった。画面が指で隠れることも、押し間違えることもない。

の二つの理由で決断しました。


特に画面の大きさでしょうか。

コードが載っている技術書はだいたいPCかタブレットで読んでいましたが、Oasisで今の所快適に読めています。


ちなみにOasisが23000円くらいだったら即断でした。



使用した感想


やはり物理ボタンでのページ送りが快適です。


重量も軽いです。

寝転んでいても片手で端末を持ち、片手で読めるのは素晴らしいです。



また、画面が大きく技術書も難なく読めます。


小説、漫画も試してみましたが、この二つに至っては完璧です。

レスポンスも早く、不満は全くないです。



ちなみに私は広告つきを購入しましたが、正直全く気になりません。


そもそも読書中は広告表示はないですし。



ただ、色々レビュー記事を読んでいて思ったのは、


  • 漫画もたまに読むので、今後本が増えてくることを考えると32GBにしておけば良かった

  • 今のとこメイン利用は家か会社だが、電車内や屋外などで利用することを考えると無料4G付きを検討しても良かったかもしれない

    • 無料4GB付きは購入時の値段は高くなりますが、無料4G回線を利用できるので、wifiのない環境で読書をしている際も最後に読んだページを同期してくれる。また漫画などの容量の大きい本は無理ですが、小説などであれば無料4G回線でダウンロードが可能。

などは少し思いましたが、現状不満はないので、ひとまずは最初の一台ということで、これを試した結果、次の端末購入時に色々と検討したいと思っています。